外交-Diplomacy

 

在日アフリカ大使館のアドバイザーとしての活動も紹介しています。

 

 

23日 6月 2015
トーゴ大使館を訪問

トーゴ共和国大使館を訪問しました。
現在のトーゴ大使は2013年に就任した、スティーブ・ボジョナさん(33)。とても友好的で、日本語も堪能。
日本語とフランス語で詩集や歌も書いている。
大使は「日本のことが大好きなので、皆さんの前で話す機会があれば喜んで向かいます。」と述べ、「来年はトーゴ共和国のシンガーが日本でのツアーを企画している。今後もっと日本とトーゴの文化が触れ合う機会を増やしていきたい」と語りました。 
詩人としてのボジョナさんはwww.stevebodjona.netからどうぞ!
  
 
 

講演-Speech

オスマンサンコンは、学校や企業、教育委員会、青年会議所、全労済,
ロータリークラブなど向けに、 講演活動をさせていただいてます。
 
講演のテーマは
  -家族(アフリカの家庭と日本の家庭)
  -人権問題(外国人、障害者)
 など、出版された本のテーマに基づいた講演をさせていただいてます。
 又、上記以外のテーマでも、お受けいたしますのでお気軽にご相談ください! 
 
 

15日 3月 2010
国際交流の集い
 

東京都江東区役所で行われた「江東区国際交流の集い」での公演風景です。
非常にアットホームな雰囲気の中での公演でした。

 Events & Media

 

オスマンサンコン、ヨンコンは、テレビ、新聞、雑誌などのメディア出演はもちろん、各種広告やイメージキャラクター、イベントにゲスト出演でも、活躍しています。
 

2015年8月
「A ta gueule -ORIENT EXPRESS-」

 
東京都江東区木場にあるフレンチレストラン
「A ta gueule -ORIENT EXPRESS-」
の、イメージキャラクターとして、写真撮影に臨みました。
三つ目通りを挟んだ反対側には緑がたくさんの木場公園もあり、とても優雅な気分で食事ができるレストランです。
サンコンの地元で、本人もよく訪れることから、実現しました。
お近くにいらっしゃった際は、ぜひお立ち寄りください!
 

2015年10月
アフリカ日比谷フェスティバル

日比谷公園にて「アフリカ日比谷フェスティバル」が開催されました。当日は、ヨンコンが司会を務めるほか、在日アフリカ人の中でも草分け的存在のメンバーで構成されたアフリカヘリテージバンドなどによるライブステージに加え、ジャンベ(アフリカの太鼓)のワークショップやアフリカ各国のフード、洋服や雑貨を販売するブースも出ました。

社会奉仕活動-Volunteer

オスマンサンコンは、ホームヘルパー2級を取得し、定期的に老人ホームを訪れています。また、母国ギニアに対して、支援物資の輸送や小学校の運営を行っています。
 

老人ホームの訪問

「おばちゃんが一人亡くなるのは、図書館一軒燃えるのと同じ」という諺が、ギニアにあります。
それくらいお年寄りを大事にする文化がアフリカにはあるのです。
オスマンサンコンは、自分の母親の介護ができるようにと、自らホームヘルパー2級を取得しました。
仕事で多忙なため、年に一度しか国に帰れず、ついに母親は亡くなってしまいました。
そこで、お母さんへの恩返しの気持ちから、定期的に老人ホームを訪問するようになりました。
 

祖国ギニアのために